日記は毎日更新中→「おひとりさま日記」

彼氏が既婚者?!独身「不倫沼」にハマらない体験・対策・対処法

アイキャッチ

こんにちは。プロしあわせちゃん(@shiawasechannet)です。

40代バツなし独身子なしです。

美人さん

彼氏がもしかして既婚者かもしれない。がーん

タコさん

彼氏が実は既婚者だった。がーん

ショックを受けている独身者、いますか?

20~30代の頃の私です。自分も周囲の女たちも「不倫沼」の誘惑にてんやわんやでした。

20~30代独身女性は、既婚男性からもっともターゲットにされやすい年齢です。

ベ●キー事件や小手●也事件(※)も他人事ではありません。明日はわが身。防衛が必要です。

今回は、「既婚男性に騙されて「不倫沼」にハマらないための体験・対策・対処法」を記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~

※ベ●キー事件&小手●也事件
  • タレントのベ●キーさんの不倫事件。相手が既婚者であることを知らされずに付き合い、相手の実家にまで行ってしまった。
  • 俳優の小手●也さんの不倫事件。独身と嘘を吐いてファンと不倫していた。
この記事はこんな人におすすめ
  • 「彼氏が既婚者」でショックを受けている人!
  • 「彼氏が既婚者」かもしれないと疑っている人!
  • 「不倫沼」にハマりたくない独身者!
  • 「不倫沼」に興味がある人!



「彼氏が既婚者?!」体験談

私の場合は「未遂」です。

27歳の頃、趣味の競馬サークルで知り合った男性でした。

第一印象で、好みのタイプではありませんでした。

が、彼氏が4年いなくて寂しかったせいもあります。

彼からの誘いでメールでのやりとりが始まりました。食事に行きました。交際する気持ちが徐々に高まっていきました。

ある日、彼の家で飲むことになりました。

1LDKのマンションでした。

セ●クスをする覚悟はできていました。

キスをしました。気持ち悪い!と思いました。「生理的にムリ」というやつです。

セ●クスはできないと謝りました。

彼はふふふと笑いました。そして、衝撃の告白。

「俺、結婚してるんだよね」

えーーーーーーーーーーーーーー

セ●クスできないならいいや、と彼もどうでもよくなったのでしょう。

嫁はいま、実家に帰っているとのこと。

嫁と住んでいる家に女を呼ぶ、という発想が自分にはなかったので驚きました。

とりあえず、こいつとセ●クスしなかった自分を褒めてあげたい…


以上、私の体験談です。薄くてすみません(笑)

世の中には、

  • どっぷり付き合ったあとに既婚者だと知った。
  • 既婚者でさらに結婚詐欺師だった。
  • 既婚者だと知って傷付いたあげく、奥さんから慰謝料まで請求された。

など、大変な「不倫沼」が存在します。

独身女性のみなさん、対策しましょう!



「既婚者の嘘」を見抜く方法

直感を信じる!

相手の嘘が発覚したとき、「最初イヤな予感したんだよね」と後悔することありませんか?

私はあります。大いにあります。

直感でうさん臭さを感じていたのに、その後の「甘い言葉」「甘い誘惑」によろめいてしまったこと、たくさんあります。

直感は凄いです。

直感でうさん臭い奴はその後はもっとうさん臭いです!

直感を信じれば間違いありません。

直接聞く!

「結婚してないよね?」と最初に聞くのがおすすめです。

結婚詐欺師でもない限り、素直に答えてくれます。

夜、電話してみる!

突然電話します。

日にちをずらして、何度か電話します。

出られない日が多い場合、既婚者の確率は高いです。

探偵に依頼する!

探偵を使って調べるとスッキリします。

お金があるならオススメです。

ディテールに気を付ける!

  • 左手薬指に指輪の跡がある。
  • 女性の生活習慣にやたら慣れている。(生理痛への過度な理解など)
  • 盆正月祝日の話を嫌がる。
  • 盆正月祝日はほぼ会えない。

など。

疑ってる時点でたぶん既婚者!

「この人既婚者かな?」と疑った時点で、その人たぶん既婚者です。

疑うということは、何かしら引っかかるところがあるからです。

既婚じゃなくても、二股・犯罪・借金など、秘密を抱えている可能性が高いです。

女の直感はとても鋭いです。子を産み育てる性質だからです。



「彼氏が既婚者」だったときの対処法

  • 別れる!
  • 続ける!

2択です。

2択の中にさらに小さな選択肢が存在します。

見ていきましょう。

別れる!

自分は彼と結婚したい、彼は妻と離婚する気がない。

利害不一致です。

別れるしかありません。

辛いけど。がんばって別れましょう。

慰謝料を請求する。

エネルギーがあるならやってみるのもいいです。

「既婚者だと知ってたら付き合わなかった。性的・金銭的に搾取された」

などを証明できた場合、慰謝料がもらえる可能性があるようです。

もらえなくて当然、もらえたらラッキーくらいの感覚です。

復讐する。

  • 彼妻にバラす

心情的に、これは絶対やってやりたいところです(笑)

しかし、自分がしたことは自分にかえってきます。復讐は覚悟が必要です。

続ける!

彼は妻と離婚する気はない、自分も彼と結婚しなくてもいい。

利害一致です。

別れる必要ありません。

が、今までは「既婚者」と知らずに付き合っていました。ここからは「既婚者」と認識した上での「完全不倫」となります。

妻から慰謝料を請求されることもあります。

彼は妻と離婚するつもり、自分は彼と結婚したい。

  • 「妻とは離婚するつもり…」
  • 「家でも全然会話がない、セ●クスなんて何年もしていない…」

など、男性が妻との不仲を訴える内容の97%は嘘です(私調べ)

しかし、3%の割合で本気の場合があります。「運命の2人」の可能性があります。

結果は自己責任だと覚悟して、続けます。



「不倫沼」にハマらないための対策

自分を大切にする!

既婚者から嘘を吐かれるのは、ナメられているからです。

こいつなら騙してもいいと思われています。

なぜ他人からナメられるのか?

自分が自分をナメているからです。

「人は鏡」の法則です。自分を大切にすることが一番の対処法です。

「自分は誰かにナメられていい人間なんかじゃない!」



今回のまとめ

嘘を吐かれて「不倫沼」にハメられるのは嫌です。地獄です。

でも、全てを認識した上で、覚悟を決めて不倫するのは本人の自由だと、個人的には思います。

「多夫多妻婚」とかも面白そう。

しあわせちゃん

まあ、40代になったら不倫の声すらかからなくなるんですけどね。
それは人によるんちゃうか?まあ、みんな幸せになるんやで~

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です