(毎日更新)独身日記2020年7月

「結婚」「独身」のスピリチュアル的な意味!

アイキャッチ

こんにちは。プロしあわせちゃん(@shiawasechannetです。

40代バツなし独身子なしです。元占い師です。

美人さん

私、結婚できますか?

占い師をやっていたとき、一番多かったのがこの質問です。

実際に占うと、ほとんどの場合、「本音ではそんなに結婚したいわけじゃない」という結果が出ます。

「本当に結婚したいと思ってますか?」と尋ねる私。

「今すぐ結婚したいというわけではなくて、一生のうち一度くらいはしてもいいかなあ…」と返事するお客様。

女性が「結婚したい」と悩むとき、ほとんどは他者・世間体・常識・固定概念を気にしてのものです。

いつまでも古い価値観に捉われている場合じゃありません。

今回は、スピリチュアルという壮大な視点から「「結婚」の意味や役割」を記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:SplitShireによるPixabayからの画像)

この記事はこんな人におすすめ
  • 「結婚」で悩んでいる人!
  • 「独身」で悩んでいる人!
  • 「スピリチュアル」に興味がある人!



スピリチュアルの基礎知識

まずは、スピリチュアルの「基礎知識」です。

ざっくりまとめると、

  1. 人は「魂の成長」のために地球に生まれる。
  2. 魂を成長させるため、何度も何度も生まれ変わる。
  3. 生まれる前に神様と相談して「魂の成長プログラム」を作ってくる。
  4. その「魂の成長プログラム」が「運命」である。

\関連記事/

アイキャッチ「悩み」のスピリチュアル的な意味~結婚・お金・人間関係など

魂を成長させるため、どんな人の運命(魂の成長プログラム)にも「問題」がじゃんじゃん起こります。

「問題」をクリアすることで、魂が成長します。

「結婚」も、魂を成長させるための「問題」の一つです。

今世、必要な人もいれば、必要ない人もいます。

必要な人は、運命(魂の成長プログラム)に組み込まれています。

必要ない人は、運命(魂の成長プログラム)に組み込まれていません。

結婚は「運命」で決まっています。



「結婚」のスピリチュアル的な意味

先述しましたが、「結婚する人」「結婚しない人」「運命」で決まっています。

それぞれのパターンを見ていきます。

「結婚しない人」(独身)3つのパターン

今世、結婚しない人のパターンは3つです。

  1. 「他人の魂の成長」のお手伝いをする人
  2. 「結婚以外のこと」で魂が成長するようになっている人
  3. 前世で夫や妻を粗末に扱った人

基本はこの3つに分類できます。

1つずつ見ていきます。

1.「他人の魂の成長」のお手伝いをする人

結婚という問題解決は前世までに終えて、今世では、結婚に使うぶんのエネルギーを、他人のために使う人。

「他人の魂の成長」の手助けをしていきます。

2.「結婚以外のこと」で魂が成長するようになっている人

親姉妹との人間関係や、病気、障害など…

結婚ではない問題で、魂が成長していきます。

3.前世で夫や妻を粗末に扱った人

今世、結婚したくてたまらないのにできない。

挫折や孤独を味わうことで、人のありがたさや温かさを学びます。

「結婚する人」2つのパターン

今世、結婚する人のパターンは2つです。

  1. 夫婦で向き合って「互いの魂」を成長させていく
  2. タッグを組んで「他人の魂の成長」の手助けをしていく

1.夫婦で向き合って「互いの魂」を成長させていく

「結婚」は「魂の成長プログラム」(運命)の中でもかなりの難問です。

ありとあらゆる問題を経験できるようになっています。

夫婦で向き合って、問題の数々を乗り越えることで「互いの魂」が成長します。

パターンはさらに3つに細分化できます。

  • 死ぬまで夫婦で向き合って「互いの魂」を成長させていく。
  • 互いの魂の成長を終えて、「2」の「タッグを組んで”他人の魂の成長”の手助けをしていく」関係に進化する。
  • 成長の速度が合わなくなり「別れ」を選ぶ。

2.タッグを組んで「他人の魂の成長」の手助けをしていく

いわゆる「パートナーシップ」と呼ばれるものです。

「使命」を共にしていて、現行の「恋愛」や「結婚制度」を超越した関係にある。

有名人だと、松任谷正隆&由実夫妻、太田光&光代夫妻、サザンオールスターズの桑田佳祐&原由子夫妻などです。

自然に結ばれ、離れることもない。

持って生まれたエネルギーや才能を2人の問題で消耗することなく、世のため人のために使っていきます。

\関連記事/

アイキャッチ【占い】「数秘術」で当たる人生!(使命・才能・性格・本質)



スピリチュアル的に「結婚」の意味が変わってきた

先述した、結婚する人の2パターン、

  1. 夫婦で向き合って「互いの魂」を成長させていく
  2. タッグを組んで「他人の魂の成長」の手助けをしていく

昔は「1」のパターンが圧倒的に多かったです。

みんな、自分たちの魂の成長に必死でした。

が、人々の魂の成長に伴って「2」が増えてきました。

「1」が主流だった時代には、「問題」から逃げ出さないために「結婚」という「制度」が必要でした。

「2」になると、もはやそんな「制度」は必要ありません。

「制度」で縛らなくても、「使命」を共にした2人は離れることがないからです。

近年、「未婚率」が上昇しているのは、人々の魂が成長し、「結婚」という問題をすでにクリアした人が多いからではないでしょうか。

個人的には思っています。

うさぎん

怪しいから、信じなくてもいいですよ~(笑)



今回のまとめ

  • 【スピリチュアル的な「結婚」の意味】
  1. 人は「魂の成長」のために地球に生まれる。
  2. 魂を成長させるため、何度も何度も生まれ変わる。
  3. 生まれる前に神様と相談して「魂の成長プログラム」を作ってくる。
  4. その「魂の成長プログラム」が「運命」である。
  5. どの人の「運命」にも魂を成長させるための「問題」がじゃんじゃんバリバリ起こる。
  6. その「問題」の一つが「結婚」である。
  • 【今世結婚しない人(独身)の3パターン】
  1. 「他人の魂の成長」のお手伝いをする人
  2. 「結婚以外のこと」で魂が成長するようになっている人
  3. 前世で夫や妻を粗末に扱った人
  • 【今世結婚する人の2パターン】
  1. 夫婦で向き合って「互いの魂」を成長させていく
  2. タッグを組んで「他人の魂の成長」の手助けをしていく

うさぎん

40代バツなし独身、私のパターンはどれでしょう?…
知らんけど。みんな幸せになるんやで~

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です