(毎日更新)おひとりさま日記

固定費節約!「田舎移住」でおひとりさまは月10万円で生活できる

アイキャッチ

こんにちは。プロしあわせちゃん(@shiawasechannet)です。

40代バツなし独身子なしです。FP2級技能士です。

 

美人さん

固定費を節約したい…月の出費を減らしたい…いい方法はないだろうか?…

 

考えてる方、いますか?

結論:「田舎移住」が最強!

私の場合、5年前に、東京から福岡市に移住しました。【関連記事】独身40代「移住」体験談~人生をやり直したくて東京脱出

今年はさらに、福岡市から長崎県の実家に移住しました。【関連記事】独身40代、「終の棲家」を決めました!報告

現在の固定費は、月2万円です。

今回は、「固定費節約には「田舎移住」が最強」について、体験から記します。

参考になれば幸いです~

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 固定費を下げたい人!
  • 田舎移住を考えている人!
  • 田舎移住を迷っていて背中を押して欲しい人!
「固定費」について→
今回は、「毎月必ず出ていくお金」という意味で捉えています。



「月の出費」地域ごとの実体験例

いままでに私が住んだ地域は、大きく分けると3つです。

  • 関東(東京、千葉、埼玉)
  • 福岡市
  • 実家(長崎県の離島)

関東(東京、千葉、埼玉)

20年住んでました。

20代の頃は、水商売で浪費しまくり。参考にならないので除外します(笑)【関連記事】40代、後悔している「ムダ使い!」&ムダじゃなかったお金の使い道

30代。売れない脚本家をやっていたときの例です。

収入が不安定なので、節約してました。

  1. 家賃:約65,000円
  2. 光熱費:約10,000円
  3. 通信費:約13,000円
  4. 国保&年金:約32,000円
  5. 食費:約30,000円
  6. 外食費:約10,000円
  7. 交通費:約10,000円
  8. その他(交遊、美容、被服、書籍、医療など):約30,000円

(合計)約20万円

 

福岡市

訪問介護ヘルパーをしていたときの例です。

最初は月収約15万円。後に、週2日勤務にして、約7万円になりました。

  1. 家賃:約32,000円
  2. 光熱費:約10,000円
  3. 通信費:約13,000円
  4. 国保&年金:約20,000円(一部免除)
  5. 食費:約20,000円
  6. 外食費:約1,000円
  7. 交通費:0円
  8. その他(交遊、美容、被服、書籍、医療など):約10,000円

(合計)約10万円

 

 

実家(長崎県の離島)

現在です。ブロガーで、月収約2万円です。

  1. 家賃:0円
  2. 光熱費:0円
  3. 通信費:約6,000円
  4. 国保&年金:0円(家族保険&免除結果待ち)
  5. 食費:0円
  6. 外食費:約1,000円
  7. 交通費:0円
  8. その他(交遊、美容、被服、書籍、医療など):約8,000円
  9. 終身保険料:約4,000円

(合計)約2万円



「田舎移住」で固定費を節約できる理由

家賃が安い!

「都会」と「田舎」の違いは、なんといっても「家賃」です。

九州一の大都市・福岡市でも、関東と比べると、家賃は半額以下です。

もっと田舎に行けば、もっと安いです。そして、広いです。【関連記事】大好き!移住4年目「福岡市」の魅力(独身40代の視点から語る)

 

食事代が安い!

福岡市の場合は、

  • スーパーの食材や惣菜が安い。
  • 外食も、わざわざ高いところに行かなくても、安いところでも美味しい。

実家の場合は、

  • もらい物が多い。
  • ド田舎すぎて店がないので、外食を滅多にしない。
  • 自給自足も可能。

 

移動費が安い!

福岡市の場合、自転車移動です。

  • 都心部がぎゅっとまとまっているコンパクトシティ。
  • 家賃が安いので、都心部に住める。

のが理由です。

 

見栄のための浪費がなくなる!

個人的には、この項目が一番大きいです。

都会で「貧乏」って惨めです。ファッション、美容、食事、あそび、旅行、趣味、恋愛…お金さえあれば、何でも手に入る環境。なのに、手に入れられない。

上を見ればキリがないけど、見てしまう。

格差社会とマウンティングがえげつないです。【関連記事】田舎移住を迷ってる?東京に住むのはもう無理ランキング7

福岡市も、九州一の大都市なので物はあります。関東にあるものはほとんどそろってます。高級な物もたくさんあります。でも、人々が、「高級なこと」に価値を見出してなさそうです。

格差とマウンティングが、ゆるいです。

ムダに上を見ようとしないし、上を見ればちゃんとキリもある。という感じ。

なので、見栄を張る必要がありません。

長崎県の離島の実家の場合は、そもそも店がないので、見栄を張りようがありません。

ユニクロを手に入れるのも一苦労です。贅沢品です(笑)



「固定費」を下げておくべき理由

好きなことができる!

月10万円なら、週に3日くらい働けば稼げます。

他の時間は好きなことができます。

 

貯金ができる!

月収20万円の人が、月10万円で暮らせたら、月10万円貯金できます。

貯金は心の安定剤です。

貯まったお金を、資産運用にまわすこともできます。

 

有事に備える!

  • 己の収入が、一生安定しているとは限らない。
  • 年金や福祉も、どうなるかわからない。

もしも、収入が破綻したとき。

固定費が少なければ、バイトするなり何なり、対策しやすいです。

 

精神的にラク!

  • 好きなことができる。
  • 貯金が増える。
  • 有事でもなんとかなる。

精神的にラクです。



今回のまとめ

【田舎移住で固定費を節約できる理由】

  • 家賃が安い。
  • 食事代が安い。
  • 移動費が安い。
  • 見栄のための浪費がなくなる。

【固定費を下げておくべき理由】

  • 好きなことができる。
  • 貯金ができる。
  • 有事に備える。
  • 精神的にラク。

東京では、月20万円でもカツカツの生活でした。

田舎なら、月20万円あれば、ゆったり優雅に、贅沢しながら暮らせます。

お金やエネルギーが、一生枯渇しない人なら、心配しなくても大丈夫です。

でも、収入、体力など、未来に不安がある人は、「固定費を節約しておく」ことで、不安を軽減できます。心が明るく軽くなります。

 

しあわせちゃん

固定費を下げて、収入を上げれば、無敵!
みんな、幸せになるんやで~

タコ師匠

金運について知りたいなら、「占いアプリ」もおすすめ!【関連記事】当たる!占いアプリ『uraraca』利用してみた体験談・感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です