日記は毎日更新中→「おひとりさま日記」

【体験談】夜!寝たいのに寝れない(不眠)8つの理由と対処法

アイキャッチ

こんにちは。プロしあわせちゃん(@shiawasechannet)です。

40代バツなし独身子なしです。

美人さん

夜、寝たいのに寝つけない…しんどい…なんで寝られないんだろう?…対処法はあるのかな?…

困ってる人、いますか?

10年前の私です。夜、寝られないことが多くてしんどかったです。

おかげ様で、いまは困ることはなくなりました。たまに寝られないときもありますが、過去に苦しんだおかげで、自分なりの対処法、もバッチリです。

体験を元に、今回は「夜、寝たいのに寝られないときの理由と対処法」を8つ記します。

参考になれば幸いです~

この記事はこんな人におすすめ
  • 夜寝られなくて困ってる人!



「寝れなかった原因と対処法」ベスト8!

1、収入の不安

私の場合、人生でもっとも寝られなかったのは10年前です。

東京で一人暮らしをしていました。

売れない脚本家でした。

収入がとにかく不安定でした。

  • ギャラが「いくら」もらえるか不明…
  • ギャラが「いつ」もらえるかも不明…
  • 1か月くらい仕事がないときもある…
  • カードローンもある…

来月は家賃が払えるか…ローン返済できるか…この先どうなるのか…

不安でいっぱいでした。

ベッドに入るけど全然寝つけなくて、夜中に起きて、お金の計算を2時間くらいずっとしていました。

しんどかったです。

その後、収入が増えたらだいぶ寝られるようになりました。

脚本家の仕事自体をやめたら、完全に寝られるようになりました(笑)

【対策1】

  • 「不安」を取り除く!

金銭問題に限らず、人間関係、失恋など…

生物は「不安」があると寝られないようにできています。

「不安」を取り除くようにします。

私の場合、収入が不安定な脚本家という仕事にチャレンジするなら、

  • 「貯金」
  • 「定期収入が見込めるバイト」
  • 「パトロンを作る」

などしておくべきでした。

この反省は来世に生かします!

【対策2】

  • 「精神」を安定させる!

宗教(←怪しくないやつ)でも自己啓発本でも何でもいいです。

「精神鍛錬」は大切です。

私の場合は、斎藤一人さんにハマりました。

書籍を読み漁って、YouTubeで音声を聞いて、だいぶ精神が安定するようになりました。

\オススメはこの本/

2、カーテンを「黄色」にした

ワンルームの部屋に住んでました。

模様替えで、カーテンを茶色から黄色にしました。

かなり派手な黄色です。

寝られなくなりました!

茶色に戻したら寝られるようになりました。

【対策】

  • カーテンの色、かなり大事!

一般的に、寝室のカーテンは「青」「緑」「ベージュ」系がいいとのこと。

「黄色」は神経を興奮させるそうです。

3、暑い

東京で、築150年の風呂なしトイレ共同のアパートに住んだことがあります。

冷暖房はありません。

夏は冷風扇を使ってました。

暑くて寝られませんでした。

寒いのは、服や布団でまだなんとかなります。

暑いのは無理です。

寝起きで意識が朦朧とすることが何度かありました。

たぶん、寝てる間に熱中症になってたのだと思います。やばかった…

【対策】

  • 温度管理!

東京の夏はとにかく、冷房がないとムリです!寝られません!

4、昼夜逆転生活

30代後半まで昼夜逆転生活でした。

朝5時に寝て、昼13時にくらいに起きてました。

外に出るのは太陽が沈んでから。

若い時はよかったけど、だんだん心身ともに不健康になってきました。

寝られなくなりました。

【対策1】

  • 太陽の光を浴びる!

健康な睡眠には、健康な心身が必要です。

太陽を浴びると「セロトニン」というホルモンが増えます。

「セロトニン」が増えることにより、睡眠ホルモン「メラトニン」も増える仕組みになっています。

「セロトニン」は「ハッピーホルモン」とも言われます。

「セロトニン」が増えると、ハッピーを感じることが増える。精神も健康になります。

「昼夜逆転」自体は、仕事の都合もあるので一概に悪いこととは言えません。

そんな中でも、できることがあります。

【対策2】

  • 運動する!

運動した日はよく寝られます。

外を1時間くらい歩き回るだけでも全然違います。

睡眠の役割は「脳と体のストレス・疲労を取り除く」こと。

適度な運動が、「適度な脳と体のストレス」を作成し、睡眠に導きます。

5、脳がギンギン

徹夜した後によくありました。

フラフラで、すぐにでも寝たいのに、ベッドに横になると目が冴える。

寝る前にスマホやパソコンやりすぎた時も、同じ症状になります。

【対策1】

  • 脳をクールダウンさせる!

具体的な方法としては、

  • ホットドリンク(ノンカフェイン)
  • アロマやお香
  • 照明調節
  • 手足のツボ押し

【対策2】

  • 規則正しい生活をする!

私はいま朝5時に起きて、夜21時に寝る生活をしています。

5年目になります。

寝る前にスマホやパソコンをやってても、夜21時になると眠くなります。寝られます。

脳や体にパターンを沁みこませること、有効です!

6、鼻がつまる

風邪、花粉症、寒暖差アレルギー、泣きすぎたとき…

鼻がつまったら「口呼吸」になります。

「口呼吸」で寝るのめちゃめちゃしんどいです。寝られません。

【対策】

  • 病院に行く!

専門家にお任せ。

7、理由はないけどとにかく寝られない

収入の不安、カーテンの色、気温など…

具体的な理由はない。なのに寝られない。

という時が、たまにあります。

介護士をしていたときは焦りました。【関連記事】40代から「訪問介護ヘルパー」になるには?未経験から体験談

寝ないと、体力的にも精神的にもきついからです。

【対策】

  • 横になって目を瞑っているだけで、寝ているのと同じ効果がある!

中学の先生が言ってました。

本当かどうかはわかりません(笑)

でも「寝られなくても大丈夫なんだ」と思うだけで安心するので、ラクです。

※調べたところ、本当に体と脳の休息効果があるようです!【参照記事】Sleepdays/眠れない!不眠!?と焦らなくても大丈夫。目をつぶって休んでいるだけで体の疲れは取れる

8、年のせい

最近です。

21時に寝て、トイレがしたくて0時くらいに起きた後、二度寝できなくなることが度々あります。

【対策】

  • 年のせいだとあきらめる!

病院で診断してもらったわけではないので、年のせいかはわかりません。

でもまあ年のせいでしょうね。

内臓機能や体力が低下して、寝続けることが難しいのだと思われます。

老化は避けられないことなので、潔くあきらめます。( ゚∀ ゚)



「睡眠」について

「睡眠」の役割

  • 脳と体の休息
  • ホルモンバランスの調整
  • 記憶の整理、定着

「寝るため」に必要な条件

  • 安心な状態
  • 疲れている状態
  • 夜の状態

「寝られない」とは

  • 安心できない状態
  • 脳と体が疲れていない状態
  • 脳と体が夜になっていない状態

根本的には、以上3点を解消すれば寝られるということです!



今回のまとめ

【寝られない理由】

  • 安心できない状態
  • 脳と体が疲れていない状態
  • 脳と体が夜になっていない状態

【寝るための対処法】

  • 安心な状態にする
  • 脳と体を疲れている状態にする
  • 脳と体を夜の状態にする

しあわせちゃん

時間や日付がわからなくなるくらい寝かぶっていた学生時代が懐かしい…
寝られた日も、寝られなかった日も、みんな、幸せになるんやで~

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です