(毎日更新)独身日記2020年8月

「NISA」とは?!40代独身FPがわかりやすく解説&失敗談も

アイキャッチ

こんにちは。プロしあわせちゃん(@shiawasechannet)です。

40代バツなし独身子なしです。終活ライフケアプランナー資格保持者です。FP2級技能士です。

美人さん

「NISA(ニーサ)」ってよく聞くけど何だろう?…調べたけどいまいちわからない…今さら人に聞くのも恥ずかしい…わかりやすく解説してもらえないかな?…

望んでる方、いますか?

昨年までの私です。己の独身老後が不安で「終活」に励んでいます。老後資金の勉強のためFP2級資格を取りました。「NISA」についても学びました。

結論:「NISA」とは「少額投資非課税制度」のこと。

今回は、独身終活マニア・FP2級技能士の立場から「「NISA」についてわかりやすく解説」します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~

この記事はこんな人におすすめ
  • 「NISA」について知りたい人!
  • 「NISA」に興味がある人!
  • 「資産運用」に興味がある人!
  • 老後が不安な人!



「NISA(ニーサ)」とは?

結論

  • 「少額投資非課税制度」のことです。
  • 投資による利益は、通常約20%の税金がかかります。NISA口座を利用すれば非課税となります。

名称の由来

  • イギリスのISA(Individual Savings Account)をモデルにした制度です。
  • 日本(NIPPON)なので頭に「N」を付けて、「NISA」と名付けられました。

制度発足の理由

  • 日本人の「個人の投資」を促すためです。
  • 2014年に導入されました。

「NISA」の特徴

非課税枠
  • 年間120万円までの投資
非課税期間
  • 5年間
利用できる人
  • 日本国内に住んでいる20歳以上の人
対象商品
  • 上場株式、株式投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)など
非対象商品
  • 預貯金、公社債、公社債投資信託など
ポイント
  • 非課税枠の繰り越しはできない(※1)
  • 他の口座との損益通算、繰り越し控除はできない(※2)
  • すでに保有している株式等を、NISA口座に移管することはできない

(※1)非課税枠の繰り越しはできない

非課税枠は年間120万円(投資額)です。

例えば、2019年に60万円しか非課税枠を使わなかった。残り60万円分を2020年に繰り越して、2020年は180万円分を非課税にしてもらおう…

ということはできません。

(※2)他の口座との損益通算、繰り越し控除はできない

「損益通算」とは、利益と損失を相殺することです。

例えば、NISAではない口座Aと口座Bがあります。

口座Aで30万円の利益、口座Bで20万円の損失が出ました。

トータルの利益は30万円ー20万円の10万円です。

税金は、10万円に対して約20%発生します。約2万円の税金支払いです。

しかし、NISAの場合。口座Aで30万円の利益、NISA口座で20万円の損失が出たとします。

損益通算ができないので、口座Aの30万円にそのまま約20%の税金がかかります。約6万円の税金支払いです。

また、NISA以外の口座の場合、損失は3年間繰り越しができます。

NISAでは繰り越し(損失)控除はできません。

「つみたてNISA」とは?

「つみたてNISA」というものもあります。

特徴は、

  • 「NISA」との選択制
  • 非課税枠:年間40万円までの投資
  • 非課税期間:20年間
  • 利用できる人:日本国内に住んでいる20歳以上の人
  • 対象商品:長期の積立・分散投資に適した一定の公募等株式投資信託(信託期間20年以上、非毎月分配型ファンドなど)
  • ポイント:長期積立投資を行うもの

「ジュニアNISA」とは?

「ジュニアNISA」というものもあります。

特徴は、

  • 20歳未満の子どもが利用できる
  • 非課税枠:年間80万円までの投資
  • 非課税期間:5年間
  • ポイント:原則、親権者等が未成年のために代理して運用する。18歳までは払出しに制限あり



「NISA」利用方法

口座開設

  • 銀行、証券会社で開設できます。
  • 金融機関の変更は、1年ごとに可能です。(※条件あり。今回は割愛)
  • マイナンバーの提供が必須です。

非課税期間終了後

3つの方法があります。

  1. 商品(株式など)を売却する。
  2. 商品を特定・一般口座へ移管する。
  3. 新たなNISA口座に移管(ロールオーバー)する。(※条件あり。今回は割愛)

賢い利用方法

NISA口座では投資商品(株など)をいつでも売却できます。

が、非課税投資枠を再利用することはできません。

短期で繰り返し売買すると、非課税枠をすぐに使い切ってしまいます。

「長期投資向け」の株や投資信託を買うのが賢い選択です。



「NISA」メリット&デメリット

メリット

  • 利益が大きければ大きいほど得をする!

例えば、投資額120万円の商品を200万円で売ります。80万円の利益です。

通常は約20%、約16万円を税金として支払わなければなりません。

NISAは非課税。まるまる利益になります。

デメリット

  • 損失が出た場合、損益通算ができない。

先述しましたが、他の口座との損益通算ができません。

例えば、NISAではない口座Aと口座Bがあり、口座Aで30万円の利益、口座Bで20万円の損失が出ます。

税金は、トータルの利益10万円分にのみ約20%発生します。約2万円の支払いです。

NISAの場合。口座Aで30万円の利益、NISA口座で20万円の損失が出たとします。

損益通算ができないので、口座Aの30万円にそのまま約20%の税金がかかります。約6万円の支払いです。

利益が出せなかった場合、損をします。



「NISA」失敗談

私の場合、勉強不足のままNISA口座を開設してしまいました。

現在、

  • 一般口座で長期投資
  • NISA口座で短期投資

をやっています。

逆です!大失敗です!しくじりました(号泣)

積立で投資信託を購入しているので、「つみたてNISA」にしておけばよかった…という後悔もあります。

投資を始める前にしっかり勉強をおすすめします!

まあ、やりながら覚えるのも人生ですけどね。

\関連記事/

アイキャッチ「株」を初めて買ってみた体験談・手順・学び(独身40代)



今回のまとめ

  • 「NISA」とは「少額投資非課税制度」のこと。
  • 「個人投資」の促進が目的で作られた制度。
  • 非課税枠:年間120万円(投資額)
  • 非課税期間:5年間
  • 「つみたてNISA」「ジュニアNISA」もある。
  • 利益が出たときは得、利益が出なかったら損する場合もある。
  • 長期投資での利用がおすすめ。

しあわせちゃん

独身老後に備えて、もっと勉強するぞ!資産運用がんばるぞ!
みんな、幸せになるんやで~

タコ師匠

\「資産運用」一覧はこちら/

アイキャッチ40代独身!老後のための「資産運用」種類と比較・体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です