(毎日更新)独身日記2020年8月

元介護士|親が認知症かも?まずやるべきこと(早期発見検査)

アイキャッチ

こんにちは。うさぎん(@shiawasechannetです。

40代バツなし独身子なしです。親と同居中です。元介護士です。

美人さん

最近、親の様子がちょっとおかしい。もしかして認知症?…

不安を抱えてる方、いますか?

介護の不安はたくさんあります。

  • 介護保険は使えるか?
  • 施設入居はいくらかかるか?
  • 親と離れてる場合はどうすればいいか?
  • 仕事と介護の両立はできるか?

など。

そんな介護問題の中でも、「認知症」は特に不安を感じやすいです。

今回は「親が認知症かもしれないとき、まずやるべきこと」について、介護士の経験から記します。

結論:認知症の検査を受けること

理由、手順、注意点、認知症豆知識も記します。

わかち合えればうれしいです、参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:takanashi66によるPixabayからの画像)

この記事はこんな人におすすめ
  • 親が認知症かもしれないと不安な人!
  • 親の介護が不安な人!



親が認知症かもしれないときまずやるべきこと

結論

  • 結論:認知症の検査を受ける!
  • 理由:認知症は早期発見が大切だから!

早期発見の重要性

認知症のタイプにもよりますが、

  • 医療で治る(症状が出なくなる)場合がある
  • 薬で進行を遅らせることができる
  • 症状が軽いうちに将来のこと(症状が重くなった場合のこと)を話し合うことができる
  • 認知症に関する情報が入ってきやすくなる

「早期発見」によるメリットは大きいです。

「認知症」と「物忘れ」の違い

どのような症状が出たら「認知症」を疑うか?

代表的なものとして、

  • 同じことを何度も言う…
  • 料理、運転、計算などのミスが多くなる…
  • 話の辻褄が合わない…
  • 約束の日時や時間を間違える…
  • 怒りっぽくなる…
  • 頑固になる…
  • 自分の失敗を人のせいにする…
  • 意欲がなくなる…
  • 身だしなみに構わなくなる…

などがあります。

が、元からそういうタイプ(性質)の人もいます。

大切なのは「いつもと違う」ということです。

「なんかいつもと違う…」「ちょっと不安…」という直観を大切にします。

「認知症」と「老化による物忘れ」は違います。

一般的には、

  • 「行動自体を忘れるのが認知症」
  • 「細部を忘れるのが物忘れ」

と言われます。

わかりやすい例えだと、

  • 「ごはんを食べたこと自体を忘れるのが認知症」
  • 「ごはんを食べたことは覚えてるけど、何を食べたかを思い出せないのが物忘れ」

です。

が、素人による判別は困難です。危険です。

不安を感じたら、病院で検査してもらうのが一番です。


では、

  1. 認知症の検査について
  2. 認知症検査を親が受けてくれない場合

について記します。



認知症の検査について

「何科」で受診するのか?

精神科、心療内科、脳神経外科、神経内科などが一般的です。

かかりつけの医師がいるなら、まずは相談するのもいいです。

最近は、

  • 「ものわすれ外来」
  • 「認知症外来」

という専門科もあります。

検査の内容

  • 簡単な質問によるテスト
  • CTIやMRIなどの画像検査
  • 血液検査(尿検査)

が一般的です。

費用

健康保険が適用されます。

大きく、2万円ほど見積もっておけば安心です。



認知症検査を親が受けてくれない場合

親がすんなり認知症検査を受けてくれる場合、話が早いです。

  • 認知症だった時:医療・福祉関係者と協力して次の段階(治療や介護など)に進む
  • 認知症じゃない時:認知症予防などに努める

問題は、

  • 親が検査を受けてくれない
  • 親に検査を受けて欲しいと言いづらい

場合です。

高齢者のほとんどは、子どもから認知症や介護の話をされるのを嫌がります。怒り狂う人も多いです。

自尊心(プライド)が傷付くからです。

下手すると殻にこもってしまいます。

殻にこもってる間に、認知症が悪化します。

親が自分から「検査を受けてみよう」と思えるよう、事を運ぶことが大切です。

親の性格にもよりますが、方法としては…

自尊心をくすぐる

「あなたのことを思ってます」「あなたは大切な存在です」「大切なあなたが心配です」ということを伝えます。

「あなたが大切だから、検査を受けて欲しいのだ!」と訴えます。

実の親に言うのはかなり照れます。

子ども(親にとっての孫)がいるなら子ども(孫)に言わせるのがいいです。

「じいじ(ばあば)長生きして欲しいから病院で検査しよう」

孫、最強です。

早期発見のメリットを論理的に伝える

先述したメリット、

  • 医療で治る(症状が出なくなる)場合がある
  • 薬で進行を遅らせることができる
  • 症状が軽いうちに将来のこと(症状が重くなった場合のこと)を話し合うことができる

を伝えます。

論理派タイプには効果的です。

健康診断の一環だと伝える

「認知症の検査」だと重いイメージです。

「健康診断の一環」だと軽いイメージになります。

心情的に受けやすくなります。

他人をダシにする

「〇〇さんも行ったみたいだよ」「最近はみんなやるみたいだよ」などと伝えます。

私たち(40代)の親世代は「みんなと同じが安心」という価値観を持っています。

効果的です。

第三者に依頼する

身内には腹を立てるけど、第三者の言うことなら素直に従う高齢者も多いです。

  • 近所の人
  • 福祉のプロ
  • 病院の方

など、促してもらいます。

運転免許の更新を待つ

免許更新時75歳以上で「認知機能検査」が義務づけられています。



「認知症」について

「認知症」とは?

脳の神経細胞が壊れることで起こる症状や状態です。

脳の神経細胞が壊れる原因は、様々あります。

その原因によって認知症のタイプがわけられます。

  • アルツハイマー型
  • レビー小体型
  • 血管性

が三大認知症。全体の85%を占めます。

残り15%は、

  • 正常圧水頭症
  • 慢性硬膜下血種
  • 脳腫瘍
  • 甲状腺機能低下症
  • 栄養障害
  • 薬物
  • アルコール関連…

など、あります。

認知症は怖くない

認知症には怖いイメージがあります。

  • 全部忘れる
  • 何もわからなくなる
  • 徘徊する
  • 糞尿を壁になすりつける
  • 突然暴れる…

などです。

確かに上記のような一面もあります。

が、早期発見や正しく認知症を学ぶことで対応することが可能です。

必要以上に怖がることはありません。



今回のまとめ

親が認知症かもしれないときやるべきことは、

  • 認知症の検査を受けること!

うさぎん

必要以上に怖がらず冷静に対処していきましょう~
みんな、幸せになるんやで~

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です