独身40代、「終活」で今からやっておくべき5つのこと

【占い】「数秘術」で当たる人生!(使命・才能・性格・本質)

アイキャッチ

こんにちは。プロしあわせちゃん(@shiawasechannetです。

元占い師です。

 

美人さん

私の人生、これからどうなるんだろう?…そもそも何のために生まれたんだろう?…本当の私って何だろう?…運命とか使命とか才能とかあるのかな?…

 

悶々としてる方、いますか?

それ、「数秘術」でまるっとわかるかもしれません。

私がこの方法を知ったのは4年前。占い業界で超有名なイケメン先生の講習。占い師だけが参加できるもので、丸3日間、5万円かけて教えていただきました。

「特許なし、自由に紹介していいよ」とイケメン先生が仰ってたので、ここで紹介します。

講習に参加した他の占い師の方々、「このメニュー(鑑定)をやるときは、お客様から1万円くらいもらおう」と仰っていました。

1万円の価値がある占いです!

 

計算がややこしい部分もありますが、大丈夫、時間をかければ自分でできます。

慣れれば人にもやってあげられます。

私も、この方法で自分を占って、これまでの人生が見事に腑に落ちました。

ぜひぜひ、時間があるとき試してみて欲しいです。

参考になれば幸いです~

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 人生の全て(才能、使命、性格、本質)を知りたい人!
  • 人生に悩んでいる人!



「数秘術」とは?

数字を使った占いです。

生年月日や姓名から、個人が持って生まれた数字を割り出します。

  • 「ライフ・パス・ナンバー」(L)
  • 「ディスティニー・ナンバー」(D)
  • 「パーソナリティ・ナンバー」(P)
  • 「ソウル・ナンバー」(S)

 

など、あります。

今回は、この全ての数字を使って、「人生」を読み解いていきます!



「人生図」を作る

まずは、人生を読み解くための「図」を作ります。

  • 各ナンバーを割り出す
  • 図にまとめる
  • 図を読み解く

 

の順番で解説します。

ちなみに、「人生」とは?

  1. 人がこの世に生まれるのは「魂の成長」のため。
  2. 魂を成長させるため、何度もこの世に生まれ変わる。
  3. 生まれる前に、「自分の魂を成長させるにはどうすればいいのか?」と神様と相談する。「魂の成長プログラム」を作って生まれてくる。
  4. その「魂の成長プログラム」が「人生」。(「運命」とも言います)

 

これが、「占い」の大前提です。

 

各ナンバーを割り出す

では、「4つのナンバー」を割り出します。

「ライフ・パス・ナンバー」(L)

  • 「生年月日」を1ケタになるまで足します。

 

例えば、1975年9月9日生まれなら、

1+9+7+5+9+9=40

4+0=4

「ライフ・パス・ナンバー」は「4」です。

 

「ディステニー・ナンバー」(D)

  • 「誕生してから最初につけられた姓名」をローマ字表記にします。

親が離婚して姓が変わった人は、変わる前の姓。改名した人は、その前の、生まれたときに付けられた名前を使います。

 

例えば、「プロしあわせちゃん」の場合。

ローマ字表記「PuRoShiAWaSeChaN」。

 

  • ローマ字表記した姓名を、「数字」に変換していきます。

変換にはこの表を使います。

変換表

 

P=7

u=3

R=9

o=6

S=1

h=8

i=9

A=1

W=5

a=1

S=1

e=5

C=3

h=8

a=1

N=5

 

となります。

この数字を、1ケタになるまで足します。

 

7+3+9+6+1+8+9+1+5+1+1+5+3+8+1+5=73

7+3=10

1+0=1

「ディスティニー・ナンバー」は「1」です。

 

「パーソナリティ・ナンバー」(P)

  • 先程と同様、誕生してから最初につけられた姓名をローマ字表記にし、「数字」に変換します。
  • 「子音」の数字を1ケタになるまで足します。

 

「プロしあわせちゃん」=「PuRoShiAWaSeChan」

小文字の部分が「子音」です。

 

P=7

u=3

R=9

o=6

S=1

h=8

i=9

A=1

W=5

a=1

S=1

e=5

C=3

h=8

a=1

N=5

 

3+6+8+9+1+5+8+1=41

4+1=5

「パーソナリティー・ナンバー」は「5」です。

 

「ソウル・ナンバー」(S)

  • 先程と同様、誕生してから最初につけられた姓名をローマ字表記にし、「数字」に変換します。
  • 「母音」の数字を1ケタになるまで足します。

 

「プロしあわせちゃん」=「PuRoShiAWaSeChaN」

大文字の部分が「母音」です。

 

P=7

u=3

R=9

o=6

S=1

h=8

i=9

A=1

W=5

a=1

S=1

e=5

C=3

h=8

a=1

N=5

 

7+9+1+1+5+1+3+5=32

3+2=5

「ソウル・ナンバー」は「5」です。

 

「人生図」を作る

  • 十字に線を引く。
  • 左右、左に「ライフ・パス・ナンバー」(L)、右に「ディスティニー・ナンバー」(D)
  • 上下、上に「パーソナリティー・ナンバー」(P)、下に「ソウル・ナンバー」(S)

 

人生図

「人生」がまるっと見えるカタチになりました。

では、読み解き方を解説します。



「人生図」を読み解く

各ナンバーが示すもの

「ライフ・パス・ナンバー」(L)

  • 才能、資質、特技。
  • 人生の目的地に向かって歩いていく、道。

 

「ディスティニー・ナンバー」(D)

  • 使命。
  • 人生の目的地。

 

「パーソナリティ・ナンバー」(P)

  • 外なる自己。
  • 人間関係(社会)の中で果たす役割。

 

「ソウル・ナンバー」(S)

  • 内なる自己。
  • 魂が望むこと。

 

各数字の意味

  • 「1」=閃く、スタートさせる、先駆者、開拓者、アイデア。
  • 「2」=深める、受容する、見出す。
  • 「3」=繋がる、コミュニケーション。
  • 「4」=現実化、結果を出す、カタチにする。
  • 「5」=理想を描く、現実を超える、自由。
  • 「6」=ビジョンを描く、バランス感覚。
  • 「7」=行動、前進、突き進む。
  • 「8」=指揮者、監督、まとめ役。
  • 「9」=リセット、常識や既存の価値観をぶっ壊す。

 

「人生図」の読み解き方

  1. 「ソウル・ナンバー」(S)という魂に突き動かされて、
  2. 「ライフ・パス・ナンバー」(L)の才能を生かしながら、
  3. 「パーソナリティー・ナンバー」(P)の社会的役割を果たしながら、
  4. 「ディスティニー・ナンバー」(D)という使命を全うする。

 

これが、「今世の人生」です。

わかりづらいですよね?(笑)

具体例(さきほどの「人生図」)で見ていきましょう。

人生図

  1. 「ソウル・ナンバー」(S)=「5」
    「現実を超えたい!」という魂に突き動かされて、
  2. 「ライフ・パス・ナンバー」(L)=「4」
    「カタチにする」という才能を生かしながら、
  3. 「パーソナリティー・ナンバー」(P)=「5」
    「理想を描く」という社会的役割を果たしながら、
  4. 「ディスティニー・ナンバー」(D)=「1」
    「閃く」という使命を全うする。

 

という感じです。

人は、このサイクルを、人生の中で何度もくり返します。

1周、2周、3周…くり返すうちに、「才能」「使命」「外なる自己」「内なる自己」がどんどん磨かれていきます。

やがて、使命を全うし、寿命を迎えます。



さらに占う

「己が磨いてきた能力」を知る

先述しましたが、

  1. 人がこの世に生まれるのは「魂の成長」のため。
  2. 魂を成長させるため、何度もこの世に生まれ変わる。
  3. 生まれる前に、「自分の魂を成長させるにはどうすればいいのか?」と神様と相談する。「魂の成長プログラム」を作って生まれてくる。
  4. その「魂の成長プログラム」が「人生」。(「運命」とも言います)

 

この大前提を元に、「前世までに磨いてきた能力」がわかる方法です。

 

計算方法

  • 先程と同様、誕生してから最初につけられた姓名をローマ字表記にし、「数字」に変換します。
  • どの数字が何個あるかを数えます。

 

PuRoShiAWaSeChaN=7396189151153815

1=5個

2=0個

3=2個

4=0個

5=3個

6=1個

7=1個

8=2個

9=2個

 

数が一番多いものを「インテンシティナンバー」、数がゼロのものを「ライフレッスンナンバー」と呼びます。

「インテンシティナンバー」は、前世までに磨いてきた能力。今世での強みとなります。

「ライフレッスンナンバー」は、前世までにまだ磨いていない能力。今世での弱み。これから磨くことになります。

 

「人生図」と組み合わせることで、人生をさらに深く読み解くことができます。

例えば、私の「本名」「生年月日」を使った「人生図」がこちらです。

人生図

  1. 「ソウル・ナンバー」(S)=「7」
    「前進したい!」という魂に突き動かされて、
  2. 「ライフ・パス・ナンバー」(L)=「6」
    「ビジョンを描く」という才能を生かしながら、
  3. 「パーソナリティー・ナンバー」(P)=「1」
    「閃く」という社会的役割を果たしながら、
  4. 「ディスティニー・ナンバー」(D)=「8」
    「まとめ役」という使命を全うする。

 

私の人生パターンはまさにこれです。

競馬予想士、ホステス、脚本家、占い師、ホームヘルパー…これまでたくさんの夢を追いかけましたが、全部このパターンです。

残念ながら、どれも大成はしていません。

毎回、「ディスティニー・ナンバー」(D)=「8」=「まとめ役」で躓きます。

なぜなら、私の「ライフレッスンナンバー」=「8」だからです。「8」の能力が皆無です。

今世は「8」の能力を磨くとき。磨いて「ディスティニー・ナンバー」(D)=「8」を全うできたとき、

寿命を迎えるのだと、予感しています。【関連記事】人生の「悩み」が全て解決!~スピリチュアル入門



今回のまとめ

「占い」とは、神様からの生きるヒントだと、私は思っています。

  1. 人がこの世に生まれるのは「魂の成長」のため。
  2. 魂を成長させるため、何度もこの世に生まれ変わる。
  3. 生まれる前に、「自分の魂を成長させるにはどうすればいいのか?」と神様と相談する。「魂の成長プログラム」を作って生まれてくる。
  4. その「魂の成長プログラム」が「人生」。(「運命」とも言います)

 

自分で作った「人生」はいったん忘れるようにできています。

答えを見ながら問題を解いても成長にならないし、未来がわかっていたら感動も興奮もなくなるからです。

でもたまに、「人生」を忘れ過ぎる人がいる。「魂の成長」と逆の方向に進みすぎてしまう人がいる。

そんな時、神様は「人生を思い出すヒント」をくれます。

その一つが「占い」だと、私は思っています。【関連記事】「数秘術」でわかる今年の運勢(9年周期)【占い】

 

しあわせちゃん

わからないことあったら、お気軽に、コメント欄でもツイッター(@shiawasechannetでも連絡下さい~
みんな、幸せになるんやで~

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です