(毎日更新)おひとりさま日記2020年3月

「タロット占い」独学!流れ.勉強方法.準備品等わかりやすく解説

アイキャッチ

こんにちは。うさぎん(@shiawasechannet)です。元占い師です。

美人さん

タロット占いに興味ある…独学でもやれるのかな…

知りたい人、いますか?

今回は「タロット占い、独学のやり方」を解説します。

私の場合、講座に半年(週に1回)通って習得しました。独学でも十分学べると思いました。

実際に体験した講座を基に、独学の流れ・準備品・ポイントなど記します。

タロット占いに限らず、独学は向いてる場合と向いてない場合があります。

まずは、やってみることがおすすめです!

参考になれば幸いです~(※アイキャッチ:Jean DidierによるPixabayからの画像)

この記事はこんな人におすすめ
  • タロット占いを独学で勉強したい人!
  • タロット占いを独学で勉強したけどいまいち上手くいってない人!



「タロット占い」独学の流れ

  1. 事前準備
  2. タロットカードの意味を理解する
  3. スプレッドで占う
  4. 実践

です。

解説します。

1.事前準備

準備する物です。

  • タロットカード
  • 教科書
  • クロス(敷布)

です。

タロットカード

売ってるところ
  • 書店(大きいところ)
  • 雑貨屋(東急ハンズやロフト)
  • 占い関連の店
  • インターネット

などで買えます。

インターネットが確実です。

種類

タロットカードは種類がたくさんあります。

気に入ったものを使って大丈夫です。

自作でも大丈夫です。

初心者なら、慣れるまでは一般的なものを使うのが得策です。

「ライダー・ウェイト・タロット(ウェイト版)」が一般的です。

  • このパッケージです

タロットパッケージ

(画像:Amazonより)

サイズ
  • ジャイアント(100×173mm)
  • スタンダード(70×120mm)
  • ポケット(57×89mm)
  • ミニ(44×75mm)

があります。

まずは一般的なものを使うのが得策です。

「スタンダード」サイズが一般的です。

  • ネットショップのリンク貼っておきます

教科書

私が講師から勧められて使ったのはこの2冊です。

  • 「タロット・リーディング」(藤森緑)

  • 「もっと本格的にカードを読み解く!神秘のタロット」(吉田ルナ)

後者の「もっと本格的にカードを読み解く!神秘のタロット」(吉田ルナ)の方がわかりやすかったです。

クロス(敷布)

なくても大丈夫ですが、あった方が便利です。

  • 気分が盛り上がる
  • カードが汚れない

という理由です。

私はアマゾンで購入しました。

タロットクロス

 

100円ショップの布や家にあった風呂敷を利用する人もいます。

2.タロットカードの意味を理解する

  1. 5つの分類(大アルカナ、棒、剣、聖杯、硬貨)
  2. 大アルカナ(22枚)
  3. 小アルカナ(棒×14枚、剣×14枚、聖杯×14枚、硬貨×14枚)

の順番で理解するのがわかりやすいです。

1枚ずつの意味は教科書に載っています。

最初は覚えるのが大変です。

慣れると大丈夫です。

\関連記事/

アイキャッチ【独学法】タロットカード全体の意味&覚え方!スート/数字/キーワード

3.スプレッドで占う

スプレッドの種類

カードの展開方法(並べ方)のことです。

いろんなスプレッドが本に載っています。ネットでも紹介されています。

枚数の少ないスプレッドから慣れていくのがいいです。

私が講座で習った順番は、

1.ワンオラクル(1枚引き)

ワンオラクル

2.ピラミッド

ピラミッド

3.ヘキサグラム

ヘキサグラム

4.ケルト十字

ケルト十字

5.その他(二者択一、ホロスコープなど)

いろいろやってみて、自分に合うスプレッドを探します。

私の場合は「ヘキサグラム」が一番しっくりきます。

プロの占い師では「ケルト十字」を活用する人が多いです。

占う手順

私が講座で習った順番です。

  1. カードをケースから出す
  2. カードを広げる
  3. 両手で時計回りにかき混ぜる
  4. 1つにまとめる
  5. 3つに分ける
  6. 1つに戻す
  7. スプレッドを展開する

です。

が、このあたりの手順は文字だと伝わりづらいと思います。

YouTubeで動画を見ることをおすすめします。

「タロット 講座」で検索するといろいろ出てきます。

勉強方法

  • 自分のことを占う
  • 芸能人を占う
  • 友達を占う

など、とにかくくり返します。

最初は教科書を見ながらで大丈夫です。

そのうち教科書を見なくてもできるようになります。

4.実践

趣味の場合は上記の「3.スプレッドで占う」までで大丈夫です。

プロ志望の場合、実践(イベント参加、友達を占うなど)で経験を積みます。

  • 言葉の伝え方
  • お客様が求めるもの
  • 自分にとっての占い

など、見えてきます。

\関連記事/

アイキャッチ「占い師」になるには?40代からデビューした体験&解説

余談

タロット占いには決まりごとがありません。

  • 自分でカードを作る人
  • 自分でスプレッドを発明する人
  • 手が小さくてカードが切りづらいので最初に二分割で枚数を減らす人

など、様々です。

自由にやって大丈夫です。



「タロット占い」独学が困難な場合

やってみて、どうしても独学では難しかった場合の対処法です。

YouTubeを活用

「タロット 講座」で検索するとたくさん出てきます。

教科書だけより、だいぶわかりやすいです。

講座に通う

YouTubeを見ても困難な場合、講座に通います。

先生との相性がありますが、低価格のカルチャースクールのようなところで大丈夫です。

とにかくやる

タロット占い、最初は難しいです。

1年くらいやり続けると、楽しくなってきます。

やめる

できないけど好きで楽しい場合、努力する価値があります。

できないし好きじゃないし楽しくない場合、努力するのは無駄です。

きっぱりやめるか、別の占いを勉強します。



今回のまとめ

  • 「タロット占い」独学の流れ
  1. 事前準備
  2. タロットカードの意味を理解する
  3. スプレッドで占う
  4. 実践

うさぎん

タロット占い、楽しい人はすごく楽しいと思います~私も占いの中で一番好きです
みんな、幸せになるんやで~

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です