日記は毎日更新中→「おひとりさま日記」

一生独身「終の棲家(住まい)」をどうするか?40代から考える

アイキャッチ

こんにちは。プロしあわせちゃん(@shiawasechannet)です。

40代バツなし独身子なし。現役介護士です。

 

美人さん

たぶんこのまま一生独身…いまは賃貸暮らしだけど、一生ここに住むのかな…あと数回は引っ越すかな…年を取ったら家を借りづらくなるってホントかな…でも購入するのも勇気がいる…自分に介護が必要になったらどうすればいいんだろう…この先どうなるんだろう…

 

不安を抱えてる方、いますか?

私です。たぶん一生独身です。

老後は年金だけでは暮らせない、国の福祉制度も破綻する、施設に入居する資金はない、「地域」で助け合うしかなくなる、でも独身者にとって「地域」ってどこ…

己の老後が不安すぎて、介護士になりました。

結果、独身の場合、「終の棲家」を早いうちから決めておくべきだと悟りました。【関連記事】独身40代、「終活」で今からやっておくべき5つのこと

今回は、「独身者の終の棲家」について考察します。

共に備えましょう!参考になれば幸いです~

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 「終の棲家」が気になる独身者!
  • 「老後」が不安な独身者!



「終の棲家」について

独身者にとっての「終の棲家」

「終の棲家」とは、「人生の最期を見すえて暮らすところ」です。

既婚者の場合、夫や子どもがいるところが基点となります。基点がありつつ、状況に応じて、移住や老人ホームに入居することになります。

夫や子どもの都合もあるため、既婚者が自分でゼロから考えることは少ないです。

独身の場合、全てを自分で考えなくてはなりません。

一般的に、「終の棲家」について考えるのは50代からと言われています。が、独身は考えることが多いです。

40代のうちから妄想しといてソンはありません。

 

独身者「終の棲家」のポイント

  • 「地域」をどこに設定するか?
  • 「住居」をどうするか?
  • 「お金」はどのくらいあるか?

以上、3点。

実際には、

  • 「健康状態」
  • 「認知症」の有無

も重要です。

が、いまから予測するのは困難です。

世の中は変化しています。私たちが高齢者になる頃は、元気なままポックリ死ぬ人がほとんどかもしれません。安楽死が認められるかもしれません。認知症も、治療薬が開発されている可能性が高いです。

「健康状態」と「認知症」の心配はしないことにします。(「心配」するより「予防」しましょう)

 

  • 「地域」をどこに設定するか?
  • 「住居」をどうするか?
  • 「お金」はどのくらいあるか?

では、1つずつ見ていきましょう。

「地域」をどこに設定するか?

高齢者になると、「一人ではできないこと」が増えます。誰かから助けてもらうことになります。

行政は助けてくれません。高齢者が増えすぎて、お金も人手も余裕がないからです。

家族、親族、友達、地域の人々で助け合うことになります。

家族がいない独身者は特に、「地域での助け合い」に頼るしかありません。

自分の「地域」をどこに設定するか?

いま住んでいるところ、故郷、友達がいるところ、新たな地域を求めての移住…

悩みどころです。

 

「住居」をどうするか?

一般分譲、一般賃貸、高齢者住宅、高齢者施設…(※「住宅」と「施設」の違いは後ほど)

様々な選択肢があります。

高齢者になると賃貸住宅を貸してもらえなくなる、という話をよく聞きます。

私たちが高齢者になる頃はたぶん大丈夫です。単身高齢者だらけになるので、高齢者に貸さないと不動産業が成り立たなくなります。

貸してもらえること前提。気楽に考えます。

 

「お金」はどのくらいあるか?

経済状況によっても「終の棲家」の選択は変わってきます。

というか、「老後の不安」=「お金の不安」です。

某ホリエモン様は、「老後」については全く考えないと、テレビか雑誌のインタビューで仰ってました。お金が莫大にある人は、「どうにでもなる」という安心感が強いのでしょう。

お金による老後の不安をなくすには、

  • これから稼ぐ!貯める!
  • お金に代わる「人財」(人間関係)を築く!
  • 己の経済力に合わせた老後を選択する!

です。【関連記事】「FP3級」資格のメリット!独身の老後に備えて取得する



独身者「終の棲家」候補!

しあわせちゃん

以上を踏まえながら、独身者「終の棲家」を考察、候補を羅列します!

友人知人と暮らす!

独身の友人知人が集まって暮らす。

  • 一戸建てをシェアハウス風にする。
  • マンションでそれぞれが部屋を借りる。
  • 近所に集中して居を構える。

いろんなパターンがあります。

先日、NHKの特集でもやっていました。【外部リンク】NHKスペシャル『女7人おひとりさま みんな一緒に暮らしたら』

おひとりさまの女7人が、マンションの部屋を別個に購入。それぞれの部屋を行き来し、見守り合う、という暮らし。

番組を見て感じた、メリット&デメリットです。

  • 【メリット】寂しさが和らぐ。便利。安心。
  • 【デメリット】友人知人が必要。人間関係のトラブルが厄介。

独身の友人知人がいたらやってみたいです。

今のとこいません(涙)【関連記事】友達が欲しい!40代独身女「社会人サークル」に参加してみた体験談

 

「高齢者住宅」に入居する!

高齢者住宅&施設にはいろんな種類があります。

簡単に説明すると、

  • 高齢者「施設」は、「要介護」が認定されなければ入居できないもの。国の福祉の一部。
  • 高齢者「住宅」は、己の意思で入居できるもの。

です。

ここでは、己の意思で入居できる「住宅」について紹介します。

高齢者「住宅」には、

  • 賃貸式の「サービス付き高齢者向け住宅」
  • 分譲式の「シニア向け分譲マンション」

があります。

運営会社によってサービスの内容は違います。バリアフリー、安否確認、生活相談支援、見守りが一般的です。

入居者同士のサークル活動を推進しているマンションもあります。【関連記事】40代独身「趣味・特技18選!」今から始めて老後は名人・先生・師匠

元気なうちに入所するのがカギです。

  • 【メリット】安心。
  • 【デメリット】お金がかかる。

今後、さらに様々なサービスが生まれることが予測されます。

 

多世代交流福祉施設!

「高齢者施設」「保育所」「障害者施設」などが併設された複合施設です。

それぞれができることをやって、できないことはやってもらって、みんなで支え合おうというもの。「地域」での助け合いです。

全国で広がっています。

いまのところ、「高齢者施設」の入居は「要介護」の判定が必要です。

この先は変わっていくかもしれません。変わらざるを得ません。

今後の超高齢化社会は「複合福祉」こそ、希望の光です。

  • 【メリット】独身者でも「助け合える」。誰かの役に立てる。
  • 【デメリット】「地域」の設定がカギ。

 

今まで通りに暮らす!

人間いつ死ぬかわからない。未来もどうなるかわからない。

「終の棲家」のことなど考えず、今のまま暮らす。困ったら困ったときに考えて、対応していくスタイル。

  • 【メリット】ラク。
  • 【デメリット】困ったときにはすでに手遅れ、の可能性(笑)

 

ロボットと暮らす!

ロボットに「家族」になってもらいます。

「見守りロボット」「コミュニケーションロボット」は既に存在しています。

今後は、きっと、もっとすごい介護ロボットが開発されます!【関連記事】「介護ロボット」独身老後の希望!安心・楽しい・快適おすすめ

  • 【メリット】一人より安心。寂しさが和らぐ。気を使わなくていい。
  • 【デメリット】お金がかかる。ロボットがどこまで進化するかによる。



今回のまとめ

【独身者が「終の棲家」を選ぶときのポイント】

  • 「地域」をどこに設定するか?
  • 「住居」をどうするか?
  • 「お金」はどのくらいあるか?

【独身者の「終の棲家」の候補】

  • 友人知人と暮らす。
  • 高齢者住宅に入居する。
  • 多世代交流福祉施設。
  • 今まで通りに暮らす。
  • ロボットと暮らす。

 

  • 超高齢化社会…
  • 未婚率上昇…
  • 少子化…
  • 医療技術や化学技術の発展…
  • 安楽死容認など、価値観の変貌…

など。

未来がどうなるか、ホントに予測がつきません。

でも、早めに妄想して、覚悟を決めておくだけでも、ちょっと安心ですね。【関連記事】『引越し侍』とは?!単身者が利用してみた感想・体験談

 

しあわせちゃん

独身のみな様、明るく楽しく、未来に備えましょう!
みんな、幸せになるんやで~

タコ師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です